« 戻らないで | トップページ | 新歓コンパ »

2007年4月20日 (金)

終末のフール

終末のフール 終末のフール

著者:伊坂 幸太郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を昨日読み終わった。説明すると、、

8年後に小惑星が地球に衝突し人類が滅亡すると宣言される。

もはや学校行く必要も、働く必要もなくなり、躍起になって逃げようとする人達で道路は溢れる。

農業で働く人も減るため、食料や飲料水確保のためのスーパーマーケットや、自動販売機の前は戦場となる。

モチロン犯罪者も増える。そんな荒れた昼間。

夜間は、あちこちでの言い争い、断続的に聞こえる叫び声、侵入者を撃退する声。

そんな世界の5年後。

いったん小休止となったのか、静かな世界が戻る。

このお話は、そんな中、どこかへ逃げようともせず、あるマンションに残っている8人の短編集。

伊坂さんは、こういう暗い話に、力強く、微笑ましいものを出すのが上手いです。

最初の二つが好きで、「あぁ、微笑ましいなぁ」と感動。是非読んでみて♪

|

« 戻らないで | トップページ | 新歓コンパ »

伊坂幸太郎(8)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/389725/6152577

この記事へのトラックバック一覧です: 終末のフール:

« 戻らないで | トップページ | 新歓コンパ »