« なんと鮮やかな白い○が… | トップページ | 砂漠 »

2007年6月 6日 (水)

新聞紙100%

今日の朝はすがすがしい。

点々としている雲。さわやかな微風。青々とした色がつきぬけている空。僕は小テスト勉を少しやると気が抜けて、僕の自転車は期待していないのに空気が抜けました。

さて、昼から、NMR解析講義とか舌をかみそうな講義を受けて、NMR装置を見学してきました。

そろそろ読む気がなくなってきましたか??

今日はそんな授業前とか、装置見学中のm君との会話。

授業内容とかは多く見積もっても0%しか語りませんので、安心してください。

授業前机の上に前の人が忘れていったであろうプリントを発見。

ふと裏を見ると「黒曜石のやり」と一文字。

m「この人、絶対授業中ゲームの事ばっか考えてたよな」

表を見た形跡がまるでないのです。この人すげ~。

「そういや、ドラクエの最初の武器って今考えると、ほんまかっこ悪いよな。だってこん棒とかヒノキの棒を武器屋で買うんやで。」

m「俺らの方がいい武器もてるやん!!それ防具にもいえるなぁ。防具屋で最初買う防具って、<皮の服>やん。皮100%やで。」

「ひどい!!」

うん?待てよ。主人公達の元から着ている服は、いったいどうなってんねん!!

と、授業前に冷静になってる僕たちでした。

元の服、良くて新聞紙100%とかかなぁ。

あいかわらず、馬鹿馬鹿しいなぁと思った人クリックよろしく↓

blog ranking

|

« なんと鮮やかな白い○が… | トップページ | 砂漠 »

日記(96)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんと鮮やかな白い○が… | トップページ | 砂漠 »