« 奈良でテニス | トップページ | なんと鮮やかな白い○が… »

2007年6月 5日 (火)

火車

火車 火車

著者:宮部 みゆき
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ついに読み切った。

爽快だ。あぁ,爽快だ。

ミステリー小説かつ,自己破産などのキーワードを含んだ経済小説ともいえる。

徹底的に足取りを消して自分の意志で失踪した,ある女を追いかける。

急になぜ失踪した?婚約までしときながら。

そこまで,自分のいた痕跡を消すって,いったい何者?

なぜ,銀行などの信用機関のブラックリストに?

最初にこんな疑問を読み手に持たせ,気付くとプロットに引き込まれた。

とても美味しいものを食べて「おいしー」しか言えなくなったかのような集中した状態に。

宮部みゆきさん,やるやん。

☆5つ

|

« 奈良でテニス | トップページ | なんと鮮やかな白い○が… »

2006年度読書録(21)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良でテニス | トップページ | なんと鮮やかな白い○が… »