« 拡散防止 | トップページ | 楽園 »

2007年6月14日 (木)

国家の品格

国家の品格 国家の品格

著者:藤原 正彦
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

僕のおじさんが最後まで読み切って「痛快」と一言言ったのを聞いて,

読んでみようと思った。

世間に流されたのもある。

おそるべし本屋。

「論理」だけではダメで,

日本にある「情緒」と「形」が非常に大切だ。

英語よりも国語が大切だ。

民主主義よりも武士道精神だ。

と品格をとりもどせる,かもwの一冊。

これらの事柄に興味を示せる人,自分の見解を持っていない人は読んでみてはどうだろうか?

僕は,まだこういう事柄に意見を持ち合わせていない恥ずかしい人なので,納得してしまった。少し自分の考えが増えたので☆4つ

↓テスト前は本に現実逃避!!の人達応援よろしく♪

blog ranking

|

« 拡散防止 | トップページ | 楽園 »

2006年度読書録(21)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 拡散防止 | トップページ | 楽園 »