« 読書のスタイル | トップページ | どんなに願っても授業アリ… »

2007年7月12日 (木)

友達の家で課題をしよう

友人二人と学校で晩飯食べていたときの話。友人はJ,S。

 

Sは食べる量があいかわらず、はんぱねぇ。僕の倍くらい。見た目メインディッシュが3つくらいある。

S「ん?今日は味噌汁の代わりに天ぷらうどんにしたよ。」

僕「上のネギの分の5%程しか代わりになってねぇよ。」

S「いや、汁ものやん」

いや、認めようよ。やっぱ代わりじゃねぇよ。

J「いや、Sにしたらまだ少ない方よコレ。………あぁ、今日は早く帰りたいなぁ」

最近Jは忙しかったらしく、日付変わるくらいまで学校に残って課題をしていたらしい。すげぇ。

僕「あぁ、俺もはやく帰りたいわぁ。」(家から通い)

J「え?帰ればいいやん」

S「はよ、帰れ!!」

僕「うぉwww」

こいつら!!なんでこんなときだけ息ピッタリ?用意済み?Sなんて、一生懸命食べながら言ってるし。言うより大人しく食べときなさいよ。

その後、帰りました。

とりあえず、課題をしにSん家へ帰りました。

僕「冷たいお茶欲しい………」

S「ねぇよ。冷蔵庫がねぇよ。」(なぜか冷蔵庫無し生活を始めたS)

僕「そうだった。致命的すぎるwww

S「冷たい水といえば、ここでは水道水の事になるけど?」

そんなばかなwwぬるい!!

S「コーヒー入れるからちょっと待ってて」

J「こんな暑いのにホットかぁ。冷たくしたいなぁ。」

僕「やめておけ。これ以上言うと水道水が投入されるぞ!!」

 

コーヒーも飲み終わり、課題での俺の消しカスも少し大きくなった頃。

S「これ、コーヒー豆みたいやな」(消しカスのこと)

僕「それは、企画上俺に間違えて飲めと言ってるんですか??」

S「いや、……さぁ、コーヒーもぅいっぱい飲もおっと」

僕「おぉ、S。自分から体を張るとは!!見直したぜ」

J「やるやん、S」

S「いや、二人ともちょwww」

 

また、しばらく課題していると

ドンドン。と音が。

ん?見るといきなり隣との壁をトントンしてるS。何してんだ?隣人とコミュニケーションとってる?壁通?

J「そんなトントンしてたらむこうから返されるよ」

S「ふふ、向こうには誰も住んでないよ。」

僕「こえぇ、幽霊とコミュニケーション!!ww」

S「ふふ」

ある程度、伏線が張られてきましたね。あまりにも出会いを求めすぎて、こんなことになってしまうなんて。来週くらいに友達になってたら、俺にも紹介してもらおっと。

 

↓誰にでも全力投球していって会話のセンスを獲得するぞ!!応援よろしく

blog ranking

|

« 読書のスタイル | トップページ | どんなに願っても授業アリ… »

日記(96)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書のスタイル | トップページ | どんなに願っても授業アリ… »