« 専属部隊欲しい。 | トップページ | 入荷多すぎ »

2007年12月26日 (水)

GIANT KILLING1,2巻

本日は大学生のように、火曜の授業を説明するところから日記を始めよう。この時点で、「おや?」と疑問を持つのが僕のブログを読んでくれている知人の方々である。まぁ、僕の火曜の学校の授業内容を説明しよう。

大学行ってテニスして、食堂でご飯食べて、テニスして、もお少しテニスして、ご飯食べて、家帰って水曜の予習する。というのが、基本的火曜の大学生活であり、テニス好きな人からは憧憬の的であるだろう。この水曜の予習というのは、意外と曲者であるので、これを月曜あたりにやっておくとより快感である。

さて、冬休みも始まり、今日は学校が無いため、テニスをしていない。というわけで、先週の火曜の深夜のような、誰にもコメントをさせない程攻撃的なテニス日記は今日は書けない。

代わりに、衝動買いしたGiant Killing(大番狂わせ、のような意)のレビューでも書こうと思う。

GIANT KILLING 1 (1) (モーニングKC)GIANT KILLING 1 (1) (モーニングKC)

著者:綱本 将也
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

GIANT KILLING 2 (2) (モーニングKC)GIANT KILLING 2 (2) (モーニングKC)

著者:綱本 将也
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このマンガはこのマンガがすごい2008で確か6~8位くらいやった作品である(曖昧)
サッカーマンガは今まで、シュートやホイッスルやキャプテン翼を一通りだけど読んできた。けれど、今回の主人公はサッカーの監督だって事がまず面白い。テニスのダブルスの戦略が面白いと思うのと同様に、サッカーも戦略を楽しんでみたい、と思って購入した。

「弱いやつらが強いやつらをやっつける。勝負事に置いてこんな楽しい事他にあるかよ。」って一巻で主人公が言っていた。大番狂わせは僕も大好きである。一風変わった指示や、作戦も面白い。

1,2巻だけ読んで、面白いのと、二巻が試合中の良いタイミングで終わったため、3巻を買います。主観的だけど、マンガの絵が見やすいのもいい。☆4つ程のオススメ。

↓↓一日一回クリックして応援よろしくお願いします。励みになります。不思議な事に14位。
blog ranking

|

« 専属部隊欲しい。 | トップページ | 入荷多すぎ »

2006年度読書録(21)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 専属部隊欲しい。 | トップページ | 入荷多すぎ »