« 何度目だvsモリイチ | トップページ | 掃除は日課 »

2008年1月17日 (木)

芥川賞,直木賞受賞作決まる

芥川賞に川上未映子さん、直木賞は桜庭一樹さん

芥川賞の受賞者,川上未映子は初めて名前を聞いた。
全く知らないのでコメントは無し。

桜庭一樹さんに関して,二つ驚くことがあった。

ライトノベル出身者であるということ。
女性であるということ。

「女が書いた作品としてではなく、ニュートラルに読んでほしいため」と桜庭さんは言うけれど,僕は特に作家によりパターンで分けないようにしているので,問題ない。

「ライトノベルは全部無理」などとも決めつけてもいない。谷川流さんが書いた「ハルヒ」を数冊読んだことがあるけれど,主人公のキョンの視点から描かれている,滑稽味溢れる言い回しは結構好きだし。


あっ,でも携帯小説は文章が嫌いだから今のところ無理だw

桜庭さんの『赤朽葉家の伝説』は,第60回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞した作品であり,店頭でも良く見かける。

機会があれば読んでみよう。今は大江健三郎を読書中。その前に,レポートとトーイック対策をしっかりしろよ!!と自分に言い聞かせるのに努力中。「むなしい努力だな」と言われないよう,まずは奇跡の勉強術「睡眠学習」から始めよう,と考えた時点でむなしいな。それではまた。


↓↓一日一回クリックして応援よろしくお願いします。凄く励みになります。

blog ranking

|

« 何度目だvsモリイチ | トップページ | 掃除は日課 »

本屋の近況(47)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何度目だvsモリイチ | トップページ | 掃除は日課 »