« 一日のわずかな楽しみ | トップページ | 今後…… »

2008年2月19日 (火)

ポジティブに。

俺は、自称授業をサボりつつ単位を取る事に長けてるため、ついつい日記にもサボりぐせが出てしまう。けれど、書く気力が起きないときは、どうしても文章に出てしまうから無理やり書くのは嫌。頭を捻るも何も浮かばず。集中力が拡散してしまって、キーボードの上で手が止まる。文章作成時の点滅中のカーソルが「お前まだ書かないのかよー」と語りかけてくるような気分になる、なんてことはまるでない。


ある晴れた日の朝、俺は家から外に出た。「今日の太陽はやる気出てるなぁ」と独り言を言いつつ、お世話になってる自転車にまたがる。こんな晴れた日には、もちろんアレをするにふさわしい。テニスだ。この願望を実行する、ではなくて、頭の引き出しに仕方なくしまって、俺は本屋へ向かった。なんたって、その日は4時間と240分くらいバイトだったからな。バイト後立ち話小1時間くらいしていたので、その日は一日9時間本屋で過ごした。


最近、1,2人だが会ったら話すお客さんがいる。常連さんだ。少しの会話だけで、なんだか愉快な気持ちになれる。もっともっと、人に興味を持っていきたいし、意識的に色んな人に会いたい。これは、大事な事だと思うので、サボらないように日々精進だ。昔、俺は学校の同じクラスにいる人の名前を覚えるのが苦手だった。自分がどこか抜けているところがあるから…。それも一つの理由だが、実際は他人にあまり興味を持っていなかったからじゃないのか。そんな風に感じてしまう。


さて、せっかくだから話を本屋バイトに変える。本屋って、語彙力を必要とするよ。まず、領収書を書くとき。但し書きに、「書籍代」って書くことが多いので、この漢字は必須。あて名に書く名前を、パッって浮かんだら嬉しい。また、入荷連絡時にお客さんに電話するとき、名前読めなければ悲しい。お客さんに「……という本ある?」と書籍名を言われて、その書籍名が即漢字で思い浮かばなければ困る。これは同音異義語の知識だな。判例と反例とか。語彙力、日々努力でなんとかするしかない事実ですね。と、日々の努力が足りない俺が書き逃げして、今日の日記を終わります。


↓↓一日一回クリックして応援よろしくお願いします。日記が4年に一回更新にならないためにも是非。

blog ranking

|

« 一日のわずかな楽しみ | トップページ | 今後…… »

本屋の近況(47)」カテゴリの記事

コメント

なんてことないことなのに「本屋の仕事って楽しい…」とふと思うときってありますよね。

あなたのブログ、ステキな日記だと思います。

私も頑張って働こうと思いました。

投稿: ゆー | 2008年2月21日 (木) 13時47分

>ゆーさん
返事が遅くなりました。
そういった愉快さがあるので,本屋の仕事やっていけるんでしょうねぇ。

最上級の褒め言葉,ありがとう。そういうコメント実は常時募集中ですw

また,本屋の仕事に,新たな楽しさを見いだしてください。

投稿: ふじお | 2008年2月22日 (金) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一日のわずかな楽しみ | トップページ | 今後…… »