« 中間発表終了 | トップページ | 性格が歪んでいるのと一緒で…… »

2008年12月22日 (月)

夜のピクニック

外を歩くのが好きなのに、引きこもるのも好きで、「出家したい」が口癖の矛盾書店員より借りた。


この本は、主人公二人の視点が切り替わりながら進んでいく。その二人は融(とおる)と貴子。二人とも高校三年生である(幻の10代)。
この二人が通う学校では、修学旅行が無い。では、何をしているか。
一年に一回歩くイベントがあるのだ。

このイベントが物語りの芯をなしている。
それは、高校3年にとって、最後の学校のイベントの日でもある。
歩く行程は3種類あり、毎年変化する。スタート地点、ゴール地点が「学校」の年もあれば、「学校」でない年もある。今回は学校がスタート地点で、学校がゴール地点のお話。

一日目、朝学校に集合し、1~3年まで各クラス毎に固まって歩き始める、団体歩行である。
一時間毎に10分間休憩、というサイクルを深夜2時まで繰り返す。
その後二時間睡眠をし、まだ夜が明ける前に、二日目の自由歩行が始まる。
あらかじめ、イベント前に一緒に行く人を決めておいて、それぞれが思い出つくりをする。

一日目、二日目ともに20km。二日目はルールがあり、制限時間が5時間と決まっているため、開始後ある程度走って距離をかせいでおかなければならない。5時間を制限時間とし、ゴールは閉まる。ゴールに到達できず、道中に残っている者はバスに乗せられ、ゴールまで運ばれてしまう。3年生にとって、躍起になって、それだけは避けたい!と願うイベントである。

「歩く」という日常の行為を、見事に一つの物語にしてしまった。
自分が今まで散歩をした道、そこで頭に残っている景色の一欠けら、散歩をした理由、そのときに何を感じたか、電車代ケチってテニスコートまで歩いた事、を断片的にだが思い出した。
もともと歩くのが好きな僕にとって、「歩きたい!」という意思が、この本を読むにつれて、2倍にも3倍にも膨れ上がった。読了後は、「歩きたい!」の飽和状態である。

「会話」、「コミュニケーション」が第二のポイント。
体力を温存しつつ、歩きながらするっていえば、会話でしょう。

なにげなく遊んだとりとめのない会話、主人公たちの捉え方が楽しい景色の会話、お互いを主語にする相互理解の会話や行動など、一つ一つ僕の中に積み重なっていった。
一人一人がたった二日間で、友人の助けをお互いに借りながら、自分の全てを出し尽くす。
曖昧の見本のような意見だが、それ以上「具体的にまとめる」という作業をするのをはばかられる本である。
上手くまとめられてあるのだ。


自分に彼らのような会話ができるのだろうか、という強い疑問を抱きつつも、結局単純にこう思った。
歩きながら話したい。それも長い行程をだ。

本書は文句なし。五つ星だ。

|

« 中間発表終了 | トップページ | 性格が歪んでいるのと一緒で…… »

2008年読書禄(1)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中間発表終了 | トップページ | 性格が歪んでいるのと一緒で…… »