« 書店はしご | トップページ | 時は流れる »

2009年3月 7日 (土)

岐阜といえば……

岐阜のマップルを買った僕である。
下呂温泉以外,紹介することがあまりないのか,不思議なスポットばかりがオススメされていた。
今まで僕にとって,岐阜は東へ旅行に行くための通り道としての存在であったが,B級スポットって感じが僕にとっては好きになれそうだったで,一日攻めようと思った。

友達に「リアルに一回行っておいた方がエエよ」とオススメされた心のテーマパークを紹介しよう。
養老天命反転地である。
名前からして怪しーい臭いが充満しているので,クリックするのをはばかられるかもしれないが,是非見てくれ。

概要を読んでいただくと,だいたいココがどういう場所なのかおわかりいただけると思う。
この制作者2人が,100%全力で遊んで作った建物がこの建物なんだろうな。
行く前は,ココで鬼ごっこしたいなーなどと考えていたが,実際に鬼ごっこするには結構危険な場所である。
平らな場所は全くないし,横落ちたら危ないなーって場所が結構あるし。
まっ,一回は言ってみたら良いと思うよー。

後は,岐阜でどて焼き,串カツを堪能した。
「どて焼き(どてやき)は、大阪で生まれた料理で牛のスジ肉を味噌やみりんで時間をかけて煮込んだもの。」(Wikiより引用)というわけで,初めて食べたんやけど,非常にアッサリしてて美味い。

「養老天命反転地」と「どて焼き」を岐阜のmyオススメに登録しておこう。
氷砂糖博物館ってのもあったんやけど,「綿菓子も作れます」ってうたい文句をマップルに載せてあったが,小さい頃綿菓子器買って貰ったんで「僕は家でも作れます」ってなってしもた。それ魅力!!ってならへんかったし結局いかへんかったんよなー。

次行くなら,湯快を利用して下呂温泉を堪能しに行きたいな。
京都から,下呂温泉までは4時間くらい。
是非高速1000円になったときに,行きたいもんや。

|

« 書店はしご | トップページ | 時は流れる »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書店はしご | トップページ | 時は流れる »