カテゴリー「日記(96)」の99件の投稿

2008年12月29日 (月)

初めての……

敷金、礼金、はじめの月の家賃。
それに、不動産の仲介手数料、火災保険、セキュリティのサービス料。
この前、一気に払い終わった。

思ったよりもお金が飛んでしまうんだな。
覚悟はしてたけど、仲介手数料とセキュリティサービスが地味にボディブローにビシビシきた。

5回の忘年会、次の日を年頭におきセーブしつつ、楽しんだ。
実家が近いと気を緩めていけるので、楽だったわ。
最後は実家の近所のすし屋で、マスター、マスターの妹、マスター母親に久し振りに会って忘年を締めた。

さて、今、朝~昼に短期で郵便バイトしてて、夜本屋バイトしてます。
そうでないと、来年のごはんが……。
おちゃわんとお箸持って友達ん家に行く、「のだめ」のような事になってしまいそうやw
それに、このままじゃ確実に卒業旅行いけないから必至です。
必要経費である「水曜どうでしょうDVD」は買わないといけないしw


そんなわけで、年末年始は日記の更新が少しおろそかになるかもしれません。
では、また。

| | コメント (2)

2008年12月23日 (火)

性格が歪んでいるのと一緒で……

それは、日本の由緒ただしきイベントと思われる。
それは、12の生物の一つ、常に怒っている危険生物を載せる。
それは、自分の効き腕のふがいなさを改めて実感させる。「まっすぐ!!まっすぐーーー!!」と。

そう。それは、年賀状である。
僕は、ここに告知しよう。年賀状テロを行うとw

最近年賀状について、僕はボーーッっと考えていた。
結論、メールよりやっぱ年賀状やわ、と思い至った。

メールは一日前でも準備できるが、年賀状は前々から準備しとかないと、1月1日は到底手元に届かない。当たり前のことだが、そういう心掛けが大切で、良いんじゃないか。1月1日に僕が送っていないのに、相手が送ってくれていた場合、「やられた!」と感じるべきなんじゃないのか。


また、人との繋がりという点でも、年賀状の方がより優れているように思われる。
少し疎遠になった人には、年賀状メールは送らないが、年賀状を送り続けるのではないか。
何年後か、更には何十年後かを視野に入れると、ズーーッっと繋がっていけるのは年賀状であるだろう。


その上、「手紙が好き」、「書くことが好き」な僕にとって、年賀状は堂々と送りつけてやれる行事だから、逃すわけにはいかないだろ。というわけで、年賀状テロおみまいします。50枚程度書いているのでお楽しみに。だいたい手書きなので、字が歪んでるのをご覧になって、「性格が歪んでいるのと一緒や!!」などと楽しめると思います。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

中間発表終了

「結局何がしたいのか全然見えてこない」

時は少し戻って、5月のこと。僕が研究室の初めての発表後の質疑応答で言われた、教授からのお言葉。
さらに追い討ちをかけるように、グサグサ言われた。
これは、所謂最悪に近い実体験。


時を戻して、昨日。二人前の発表の友達が教授にからお叱りを受けてた。
マウントポジションをとって、ビシッ!バシッ!ってやられるかのように。
僕は、「今日は教授の体調も悪いみたいだし、機嫌も悪いのかな。」と考え、5月の最悪な状況を想定して、発表に臨んだ。なんと、お叱りは無く、終始穏やかに終わった。
最悪な状況をできるだけ詳細に想像しておくと、後が楽だな、って実感した。


私淑する茂木さんも言っていた「ネガティブな感情に打ち克つにはどうすればいいか。…中略…具体的には、最悪の事態をできるだけ詳細に想定する…以下略」ということだな。(「脳を活かす仕事術」より)


また、尊敬する人が増えた。「茂木健一郎」さん。
本を何度か読み返している。また、忘れたら読むだろう。

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

今更ですが、

年末の時期。

思ったよりも飲み会が多く、来年の手帳を「本屋のふろく」でいただきたいと思い、ひたすらふろくに期待しております。猫とパンダの卓上カレンダーは手に入れたのですが、手帳はいまだ購入せず。

言うタイミングを逃したのですが……。来年の新学期からの一人暮らしもようやく決まり、ちょっとでもお金を貯めないと、身の危険が生じるから、必死なのです。姑息に姑息に参りましょう。

でも、茂木さんの新書「ひらめきの導火線」を買ってしまった。

でも、忘年会は4つこなす。

今日も飲みに行く。

12月は節約は無理ですね。
それでは、また。

| | コメント (4)

2008年11月29日 (土)

いざ出陣

おはようございます。只今、見た目ブリティッシュ系の友達ん家からお送りしております。
食パンとコーヒーのタダ飯をたっぷり頂いています。


昨日の全体セミナーも無事終わることができた。パッっと質問されたことに、検討違いの答えをしていることがあり、何度か爆笑されました。昨日は教授の機嫌がよかったから、良かったものの、本番はこれじゃダメだから、ちょっと落ち着いて考える事が必要だわ。

もっと、プレゼン上手い先輩を見て、客観的に比べないと。

「堂々と話す」事に関してはまぁまぁ、合格点。

その後、二つ連続で飲み会。ずっと、「くだらない話で、やすらげる僕らが、そのおろかさこそが、何よりも宝物」
って感じでした。

今日は今からこの人らのチケットを取りにいくため、時間が無いため、これにて失礼します。

ではまた。

| | コメント (2)

2008年11月28日 (金)

息抜き

基本的に登下校の電車内では,ずっと夏目漱石を読んでいました。

「我が輩は猫である」「三四郎」「こころ」「坊ちゃん」「草枕」計5冊(読了順)。

たった5冊だけど,夏目漱石は凄い。天才だ。なんてことを思い知らされた。
豊富な語彙に,(江戸っ子として?)遊び心ある文章,俳人としての能力,もののあわれ。
「坊っちゃん」は正直小学生から大人でも読めるように書かれている。
一方,次に読んだ「草枕」。いつもの数倍,読むのに時間がかかった。「書写」に適した,お手本のような文章だった。半分程語彙がわからなかった。

比較的,年を経てから作家になったためか,非常に多彩な文章である。
「我が輩は猫である」から,まず読んでみて欲しい。

ちなみに次読みたいのは,前期三部作と言われて「三四郎」に続く「それから」。
また,京都の下鴨から,赤山禅院を経て,比叡山に向かいながら取材したと言われる「虞美人草」。

今息抜きに「容疑者Xの献身」を読んでいるが,草枕の4倍のスピードで進むから気持ちが良い。
読み終わったら,また少し昔の文学作品を攻めてみようと思っている。
漱石みたいに「どんな本でも(洋書含む),この本には何が書いてあるかが気になって仕方なかった」という状態になりたい。漱石「私の学生時代」より。

| | コメント (1)

2008年11月26日 (水)

実験の刑

先週は,バイトのため早帰りが多かったのと,雑誌調べながらの実験やってたので,全然進んで無かったんです。とは言っても,終末の休日は学校に行くわけがありません。
やから昨日は,昼飯をtammyと食べた時以外,ほぼ無言,もしくは独り言で集中してました。(ネットで物件探ししてた1時間を除くw)

実験の刑です。
マレーシアのタマンヌガラ国立公園のブンブンの刑より,非常に優しい刑です。

そんなわけですから,新聞の事でも書きます。(つまり,かたい文章)

「現在の日本向けバナナはフィリピンのミンダナオ島が9割をしめています。しかし,本来は自分のものだった農地を奪われ,借金で縛られて米国系多国籍企業が支配する農場で働く現地の人たち。それを受け入れ食べているのが我々である。「価格」や「栄養」や「安全性」にだけ,関心がいってはいけない。無関心なら共犯者である。」ということ

食糧自給率が低い日本ですから,他にもこういう事が多々あるのかもしれない。関心をもて。
僕は基本的に好き嫌いしないが,「残す」事は贅沢なことである。

| | コメント (0)

2008年11月21日 (金)

関心集中

ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」が亀山さん訳の新訳で全5巻出ていますが,これが累計100万部を突破しています。
「日本で,なぜドストエフスキーが人気なのか」という注目を受け,ロシアは空前の日本ブームらしいいです。
面白いな。

人から人と繋がる。

こっちから興味を持つと,向こうにも興味を持ってもらえる,ことがある。

今ちょっと苦手だなって思う人にこそ,サボらず興味を持ってみる事も大切。


いずれ,「カラマーゾフの兄弟」は読もうと思う。

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

vs 寒さ

毎年,こればかりは全く勝てない。
そんなわけで,僕は冬に風邪を引きやすい。
一端咳が出ると,1か月半くらい治らずしんどかった記憶が数個あるから,注意しないと。
4時間半睡眠では,夏でも風邪を引いたから,6時間は必要だと悟った。
こういう風に管理していかないと。

これからの時期,基本はしっかりやらないとな。
うがいに手洗い。
焼酎のお湯割りに熱燗。


さて,話は変わって「毎日新聞夕刊」に「シベリアの収容所」の話がここ最近,毎日載ってます。
実際に,なんとか生きながらえ帰ってきた人達の話が,次々と書かれている。
生き延びた人の,写真や文章は帰国の際に没収されたから,こういった,後の話や文章でしか知ることができない。
……自分はとても幸せだと思った。

さぁて,まず鳥に挨拶してくるかー。

| | コメント (0)

2008年11月18日 (火)

腰を据えて…

寒いですね。
主語は,「俺」じゃなくて,「最近」です。
寒いのは苦手です。
家では,腹巻きの進化版,毛布を腰に巻いて,ウロウロして通路妨害を多々しております。

さて,前の日曜は時間を空けておいたので,家で「月末セミナーの準備」をしようと思った。
始めは,勝負服でくつろいでいた。
ちなみに俺は,水曜どうでしょうに真似て言うので,ジャージは「勝負服」またの名は「休日のパパ」と呼びます。

さて,腰を据えて「月末セミナー準備」をするのを,ちょっと置いといて……
勝負服を着て,ちょっと思った事があったので,スポンジボールを用いて,家でサーブ練習してた。
役に立ったかは不明。
何か掴んだ気がしたけど,実際に試してアウトプットをしてみないとなんとも言えない。

その後,家のお酒ストック(日本酒)が無くなっていたので,みんなから資金集めして買い出し。
ある酒屋に行ってみて,おっちゃんと色々話してみたかったんやけど,まぁ今度行くしいいや。
ってなわけで,近所の酒屋3件ウロウロ。

福島の「奥の松酒造」の特別純米,伏見の「斉藤酒造」の英勲,米焼酎,奈良の「梅の宿酒造」が作った梅酒(梅の宿酒造の日本酒美味かったから)あたりで,悩む。

結局,英勲「古都千年」の純米吟醸の一升瓶(1.8L)購入。英勲は試飲会に行って,美味しいと学んだお酒。
端麗甘口で,純米酒より甘みが増してめっちゃ美味しい。少し甘いけど,嫌な感じは全くしない。

ネギ刻んで,じゃこと混ぜ合わせ,ポン酢をサッっとかけてできあがり,の簡単オツマミを作り飲みながら食べる。
幸せすぎる。
今度,バイト仲間ん家に持って行って飲ませてやろう。

お酒や飲みでお金が減っていく俺ですが,ちゃんと節約もしております。
ここ2ヶ月服代0円。
いらない服あれば,安くで売ってくれ!マジで!そうじゃないと寒くて死んじゃうよ!って勢いです。
車はガソリンが溜まっている時に運転なので0円。
毎日のお弁当作りのため,昼飯0円。
水曜どうでしょうのDVD購入で3000円ってとこですw
順調でしょう。

さて,本気でセミナー準備,卒論中間論文準備に集中しないと!

| | コメント (4)

より以前の記事一覧