カテゴリー「京都観光」の2件の投稿

2009年1月12日 (月)

与楽の苺大福

久しぶりにドライブがしたくなり,宇治の山道を少し堪能し,「苺大福」で有名な与楽の神明店に行ってきた。

到着するともらえる,梅昆布茶とお菓子のサービスが最高。
良いおもてなしでした。
また,梅昆布茶が美味い。このまま,お茶漬けにして食べられるだろうな。
「ご飯ください!」って言いたくなります。

さて苺大福は,味も美味しく,なんといっても「白あん」なのが特徴です。
白餡好きの僕にとっては,溜まらない。
苺大福は売り切れ寸前でした。ここは,苺大福を予約して出かけられるので,予約するのがオススメです。
苺が美味しい時期にしか無い商品なので,季節限定らしいです。

宇治に車で来る方は,休憩がてらどうでしょうか。

終わり。

……ところで,話は飛びますが,恩田陸「ネバーランド」読了。
おかげで,無性に,そして躍起になってツーテンジャックがしたい。
ツーテンジャックはトリックテイキングゲームの一種で,ルールを見ると大富豪より頭使いそう。
駆け引きは性格が出そう。

後,漢検2級の本もってる友人がいたら,貸して欲しい。

私事,終わり。

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

宇治近辺

明日朝は書けないだろうから、研究室で休憩がてら昨日の事でも。

本屋仲間とちょっと観光してきた。


近所の子供連れや、おじいちゃんの散歩道っていうイメージがある、大吉山展望台への遊歩道。宇治の源氏物語ミュージアムの前の「さわらびの道」から、入ることができる。次期が遅かったので、紅葉は色が落ちて散ってしまい、枯れ葉をふみしめながら、ぶらぶら散歩をした。ほんの10分程で、展望台に到着でき、強い逆光と戦いながら、少し宇治近辺を紹介。宇治って、歩けば歩く程何もない感じ。そして人が少ないのが好きなんよな。


その後、宇治12景の一つで、紅葉の景勝地でもある「琴坂」にも寄った。まぁ、紅葉など、全く無くなっていたため、入口で即引き返したが……。ここの景色は写真でも凄くきれいだから、オススメだ。両側に肩の高さ程の石段が並び、緩やかな坂の参道となっていて、入口から奥を見上げると、「興聖寺」がかすかに見える。一番上から坂の入口から見下ろすと、絵になる。ちなみに、宇治12景の残り11つがどこかわからん。ぜひ教えていただきたい。


その後、中村藤吉郎本店に、ラストオーダー直前滑り込みで突入し、白玉入り抹茶ぜんざいを堪能。
とりあえず、お漬け物が美味しかったwさすがに、お土産やに「お漬け物」は売ってなかったw


時間を一時間程つぶすために、次に行ったのは、書店員にとっては、有名なレジャー施設「ツタヤ」w
「一時間なんて、本屋なら余裕で過ごせますよ」というのが、書店員の性質。読む本は、ホントばらばらだったけど、この点は一緒っていうのが面白い。僕の最近の愛読書は「まっぷる」だから、常に置いてあるし、一時間なんてほんと一瞬。

んで、飲みに行ってグダグダ。
麦焼酎ばかり飲んだけど、「かのか」と「熟」が飲みやすくて美味かった。

| | コメント (0)